第4章 第3課 さらにチャレンジ

Posted: under 韓国語テスト.

ここでもK-POPの歌詞の中で実際に出てくる『またがりの連音化』を読み取ってみてね。

Read More

Comments (0) 4月 14 2015

第4章 第3課 すぐ分かるやさしい韓国語テスト 解答

Posted: under 韓国語テスト.

答え合わせをしてみてね。

Read More

Comments (0) 4月 14 2015

第4章 第3課 すぐ分かるやさしい韓国語テスト

Posted: under 韓国語テスト.

ここではまたがりの連音化をマスターしてみようね。

Read More

Comments (0) 4月 14 2015

第4章 第3課 歌詞の中にゴロゴロと、またがりの連音化

Posted: under 韓国語講座.

ここではK-POPの中にある連音化について学習していくよ。まず、連音化ってどういうものか覚えてる?おさらいしてみようね。

下のハングルにルビを振ってみてね。

 

1、걸음(歩み)

2、조심해도(気を付けても)

3、없어요(ありません、いません)

4、있어요(あります、います)

 

どう?上のハングルはすべて連音化するんだけど、ちゃんと読めたかな。答えは下のとおりだよ。

 

1、コルン(거름)

2、チョシメド(조시매도)

3、オッソヨ(업서요)

4、イッソヨ(이써요)

 

第3章まで地道に学習していればできるよね。で、次に移るね。

 

K-POPに限ったことじゃないんだけど、韓国語は連音化がそれこそうじゃうじゃ出てくるよ。どんな形で出てきているかというと、下のような感じだよ。見てみて。読めたら、ルビを振ってみてね。

 

1、어린 아이처럼(幼子のように)

2、내 가슴 한 구석에(ぼくの 胸の 片隅に)

3、눈물을 흘렸어요(涙を 流したよ)

 

そうそう、こういうやつだよ。勘のいい方はどう読むかすぐ分かるよね。3番が若干読みにくいけど、連音化する場合は下のとおりに読むよ。

 

1、オリ イチョロン(어리 나이처럼)

2、ネ カス ン クソゲ(내 가스 만 구서게)

3、ヌンムル ルリョッソヨ(눈물 를려써요)

 

読めた方もいるだろうし、読めなかった方もいるかもね。普通の連音化は、語の中で連音化が発生するけど、これらの場合は語と語をまたがっているよね。またがりの濁音化と同様に、この語と語をまたがった連音化のことを『またがりの連音化』と呼ぶことにするね。こういうのがK-POPではたびたび出てくるよ。

 

ただ、またがりの連音化をしなくても、意味はちゃんと通じるからね。またがりの連音化をしない場合は下のように読むよ。

 

1、オリン アイチョン(オリ ナイチョロン)

2、ネ カスン ハン クソゲ(ネ カス マン クソゲ)

3、ヌンムルル フルリョッソヨ(ヌンムル ルルリョッソヨ)

 

実際、カラオケボックスでK-POPを歌うと、語中の連音化は普通にカタカナで振られているけど、またがりの連音化は無視されたルビになってるんだ。だから曲をたくさん聴きながら覚えたあとでカラオケのルビを見ると、違和感を感じるはずだよ。それはこういうことなんだよ。

 

 それと、カラオケのルビはホントあてにならないよ。ミウンパッチム(ㅁ)のルビは「ム」になってるし、ピウッパチム(ㅂ)は「プ」になってるから、その時点で話にならないよね。

 

でも、せっかくここでまたがりの連音化を学習してるんだから、使わないのはもったいないよね。またがりの連音化はなにもK-POPばかりでなく、普通の会話でもたくさん出てくるから、ぜひ自由自在に使いこなせるようになってほしいよ。

 

 というわけでテストはまたがりの連音化をたくさん用意してみたよ。じっくり解き明かしてみてね。

 テストに進む

 第4課に進む

 

Comments (0) 4月 14 2015