UN 恋人たちの海 ルビ付き

Posted: under K-POP.

原題:연인들의 바다(読み方:ヨニンドゥレ パダ)

우리 떠나요
ウリ トナヨ
ぼくたち 出かけようよ

그대가 손 꼽아
クデガ ソン コバ
君が 指 折り数えて

기다린 여름
キダリン ヨルン
待った 夏
 
바다로 떠나요
パダロ トナヨ
海に 出かけようよ

부모님껜
プモニンケン
両親には

적당히 둘러대요
チョッタギ トゥルロデヨ
適当に 言いつくろってよ

누가 뭐래도
ヌガ ムォレド
誰が 何と言っても

친구들이
チングドゥリ
友達が

함꼐 가자
ハンケ カジャ
一緒に 行こうという

전화로
チョヌァロ
電話で

단 둘이
タン トゥリ
たった 2人で

떠나요
トナヨ
出かけよう

사랑하는 연인들의
サランハヌン ヨニンドゥレ
愛する 恋人たちの

바다로
パダロ
海に

차창 너머
チャチャン ノモ
車窓の 向こうの

눈부신 햇살이
ヌンブシ ネッサリ
まぶしい 日差しが

빛날 때
ピンナル テ
輝く とき

잊을 수 없는
イジュル ス オンヌン
忘れられない

그 길에서
ク キレソ
あの 道で

속삭였죠,
ソクサギョッチョ
ささいたでしょ

사랑한다고…
サランハンダゴ
好きだって

*Love

둘이서만 간직해요
トゥリソマン カンジケヨ
2人で 大切にしようよ

영원히
ヨンウォニ
永遠に

저 별빛 아래
チョ ピョルピ ダレ
あの 星明かりの 下の

키스도,
キスド
キスも

바닷가
パダッカ
海辺の

모래 위에
モレ ウィエ
砂の 上に

적어 놓은
チョゴ ノウン
書いて おいた

서로의 마음도…*
ソロエ マウンド
お互いの 心も

 

우리 떠나요,
ウリ トナヨ
ぼくたち 出かけようよ

끝없이 파도가
クドッシ パドガ
果てしなく 波が

밀려오는 곳
ミルリョオヌン ゴッ
押し寄せる ところ

그곳으로 가요,
クゴスロ ガヨ
そこに 行こうよ

사랑하는 연인들의
サランハヌン ヨニンドゥレ
愛する 恋人たちの

바다로…
パダロ
海に

모래 위엔
モレ ウィエン
砂の 上には

나란히 걸어간
ナラニ コロガン
並んで 歩いていった

발자국
パルチャグッ
足跡

노을 진 바다
ノウル チン バダ
夕焼け 沈んだ 海の

저 끝까지
チョ クッカジ
あの 終わりまで

함께 가요,
ハンケ ガヨ
一緒に 行こうよ

내 손을 잡고…
ネ ソヌル ジャッコ
ぼくの 手を つかんで

*Love

둘이서만 간직해요
トゥリソマン カンジケヨ
2人で 大切にしようよ

영원히
ヨンウォニ
永遠に

저 별빛 아래
チョ ピョルピ ダレ
あの 星明かりの 下の

키스도,
キスド
キスも

바닷가
パダッカ
海辺の

모래 위에
モレ ウィエ
砂の 上に

적어 놓은
チョゴ ノウン
書いて おいた

서로의 마음도…*
ソロエ マウンド
お互いの 心も

 

*Love

둘이서만 간직해요
トゥリソマン カンジケヨ
2人で 大切にしようよ

영원히
ヨンウォニ
永遠に

저 별빛 아래
チョ ピョルピ ダレ
あの 星明かりの 下の

키스도,
キスド
キスも

바닷가
パダッカ
海辺の

모래 위에
モレ ウィエ
砂の 上に

적어 놓은
チョゴ ノウン
書いて おいた

서로의 마음도…*
ソロエ マウンド
お互いの 心も

오래오래도록
オレオレドロッ
いつまでも

잊지 말아요
イッチ マラヨ
忘れないでよ

긴 여름 날의
キン ヨルン ナレ
長い 夏の 日の

추억도
チュオット
思い出も

조개껍질
チョゲコッチル
貝殻を

목에 걸고
モゲ コルゴ
首に かけて

약속한
ヤクソカン
約束した

우리의 미래도..
ウリエ ミレド
ぼくたちの 未来も

ルビなしで歌ってみる

Comments (0) 6月 28 2015

UN 恋人たちの海 ルビなし

Posted: under K-POP.

原題:연인들의 바다

우리 떠나요
ぼくたち 出かけようよ

그대가 손 꼽아
君が 指 折り数えて

기다린 여름
待った 夏
 
바다로 떠나요
海に 出かけようよ

부모님껜
両親には

적당히 둘러대요
適当に 言いつくろってよ

누가 뭐래도
誰が 何と言っても

친구들이
友達が

함꼐 가자
一緒に 行こうという

전화로
電話で

단 둘이
たった 2人で

떠나요
出かけよう

사랑하는 연인들의
愛する 恋人たちの

바다로
海に

차창 너머
車窓の 向こうの

눈부신 햇살이
まぶしい 日差しが

빛날 때
輝く とき

잊을 수 없는
忘れられない

그 길에서
あの 道で

속삭였죠,
ささいたでしょ

사랑한다고…
好きだって

*Love

둘이서만 간직해요
2人で 大切にしようよ

영원히
永遠に

저 별빛 아래
あの 星明かりの 下の

키스도,
キスも

바닷가
海辺の

모래 위에
砂の 上に

적어 놓은
書いて おいた

서로의 마음도…*
お互いの 心も

 

우리 떠나요,
ぼくたち 出かけようよ

끝없이 파도가
果てしなく 波が

밀려오는 곳
押し寄せる ところ

그곳으로 가요,
そこに 行こうよ

사랑하는 연인들의
愛する 恋人たちの

바다로…
海に

모래 위엔
砂の 上には

나란히 걸어간
並んで 歩いていった

발자국
足跡

노을 진 바다
夕焼け 沈んだ 海の

저 끝까지
あの 終わりまで

함께 가요,
一緒に 行こうよ

내 손을 잡고…
ぼくの 手を つかんで

*Love

둘이서만 간직해요 영원히
二人でだけ 大切にしようよ 永遠に

저 별빛 아래 키스도,
あの 星明かりの 下の キスも

바닷가 모래 위에
海辺の 砂の 上に

적어 놓은
書いておいた

서로의 마음도…*
お互いの 心も


*Love

둘이서만 간직해요 영원히
二人でだけ 大切にしようよ 永遠に

저 별빛 아래 키스도,
あの 星明かりの 下の キスも

바닷가 모래 위에
海辺の 砂の 上に

적어 놓은
書いて おいた

서로의 마음도…*
お互いの 心も

오래오래도록
いつまでも

잊지 말아요
忘れないでよ

긴 여름 날의
長い 夏の 日の

추억도
思い出も

조개껍질
貝殻を

목에 걸고
首に かけて

약속한
約束した

우리의 미래도..
ぼくたちの 未来も

ルビ付きで練習してみる

Comments (0) 6月 28 2015

UN Honeymoon ルビ付き

Posted: under K-POP.

부드런
プドゥロン
柔らかい

밀밭 사이로
ミルバッ サイロ
麦畑の 間に

불어오는
プロオヌン
吹いてくる

나른한 바람
ナルナン パラン
しなやかな 風

그녀의 머릿결이
クニョエ モリッキョリ
彼女の 髪が

내 코끝을
ネ コクチュル
ぼくの 鼻の先を

살며시
サルミョシ
そっと

간질고
カンジルゴ
くすぐって

새벽 자장가로
セビョッ チャチャンカロ
夜明けの 子守唄に

비친
ピチン
映った

한여름의 태양도
ハンニョルメ テヤンド
真夏の 太陽も

그녀가 보고 있어
クニョガ ボゴ イッソ
彼女が 見て いて

눈부시네요
ヌンブシネヨ
まぶしいよ

고기를 잡으러
コギルル チャブロ
魚を 採りに

저 바다로
チョ バダロ
あの 海に

갈까요
ガルカヨ
行こうか

진주 조개를 따다
チンジュ チョゲルル タダ
真珠 貝を 採って

그녀 목에 걸고
クニョ モゲ コルゴ
彼女の 首に かけて

망고 파파야
マンゴ パパヤ
マンゴ パパイヤの

향기 묻은 입술로
ヒャンギ ムドゥ ニッスルロ
香りの 付いた 唇で

내게 키스해요
ネゲ キスヘヨ
ぼくに キスしてよ

my sweety……

*해지는 바다
ヘジヌン バダ
日が沈む 海

모닥불 빛 아래
モダップル ピ ダレ
たき火の 下

그녀와 둘만의
クニョワ トゥルマネ
彼女と 2人だけの

허니문
ホニムン
ハネムーン

하얗게 부서지는
ハヤッケ プソジヌン
白く 砕ける

내 발 아래
ネ パ ラレ
ぼくの 足元の

파도
パド

여름의 추억을
ヨルメ チュオグル
夏の 思い出を

만들어 가요.
マンドゥロ ガヨ
作っていこうよ

지나간 옛일
チナガン イェンニル
過ぎ去った 昔のこと

여자 얘기들은
ヨジャ イェギドゥルン
女の 話は

물어 보지 말아요
ムロ ボジ マラヨ
聞かないでよ

행복하게
ヘンボカゲ
幸せに

살아요
サラヨ
暮らそうよ

하루하루
ハルハル
1日1日

그 누구보다 더
ク ヌグポダ ド
その だれより もっと

오늘이 오길
オヌリ オギル
今日が 来るよう

기다린 나의
キダリン ナエ
待った ぼくの

맘을
マムル
心を

받아 주세요*
パダ ジュセヨ
受け取って ください

 

당신이
タンシニ
君が

원하신다면
ウォナシンダミョン
願うのなら

울창한
ウルチャンハン
うっそうとした

밀림에서라도
ミルリメソラド
密林でも

바나나 잎을 엮어
パナナ イップ リョッコ
バナナの 葉を 編んで

아담한 집을 짓고
アダマン チブル ジッコ
こぢんまりした 家を 作って

살 수 있죠
サル ス イッチョ
暮らせるよ

같은 주소를
カトゥン チュソルル
同じ 住所を

쓰는 일
スヌン ニル
書く こと

서로
ソロ
お互い

닮아 가는 일
タルマ ガヌン ニル
似て いく こと

너무나 기다려 온
ノムナ キダリョ オン
あまりに 待って きた

나의 꿈이죠
ナエ クミジョ
ぼくの 夢だよ

유리 바다 같은
ユリ パダ ガットゥン
ガラスの 海みたいな

아름다운 해변에
アルンダウン ヘビョネ
美しい 海辺に

코코넛
ココノッ
ココナッツ

body lotion

여자들의
ヨジャドゥレ
女たちの

perfume

은빛 모레
ウンピッ モレ
銀色の 砂

고래들의
コレドゥレ
クジラたちの

summer dance

붉은 저녁 노을
プルグン チョニョン ノウル
赤い 夕焼け

party time

*해지는 바다
ヘジヌン バダ
日が沈む 海

모닥불 빛 아래
モダップル ピ ダレ
たき火の 下

그녀와 둘만의
クニョワ トゥルマネ
彼女と 2人だけの

허니문
ホニムン
ハネムーン

하얗게 부서지는
ハヤッケ プソジヌン
白く 砕ける

내 발 아래
ネ パ ラレ
ぼくの 足元の

파도
パド

여름의 추억을
ヨルメ チュオグル
夏の 思い出を

만들어 가요.
マンドゥロ ガヨ
作っていこうよ

지나간 옛일
チナガン イェンニル
過ぎ去った 昔のこと

여자 얘기들은
ヨジャ イェギドゥルン
女の 話は

물어 보지 말아요
ムロ ボジ マラヨ
聞かないでよ

행복하게
ヘンボカゲ
幸せに

살아요
サラヨ
暮らそうよ

하루하루
ハルハル
1日1日

그 누구보다 더
ク ヌグポダ ド
その だれより もっと

오늘이 오길
オヌリ オギル
今日が 来るよう

기다린 나의
キダリン ナエ
待った ぼくの

맘을
マムル
心を

받아 주세요*
パダ ジュセヨ
受け取って ください

ルビ付きで練習してみる

Comments (0) 6月 28 2015

UN Honeymoon ルビなし

Posted: under K-POP.

부드런
柔らかい

밀밭 사이로
麦畑の 間に

불어오는
吹いてくる

나른한 바람
しなやかな 風

그녀의 머릿결이
彼女の 髪が

내 코끝을
ぼくの 鼻の先を

살며시
そっと

간질이고
くすぐって

새벽 차장가로
夜明けの 子守唄に

비친
映った

한여름의 태양도
真夏の 太陽も

그녀가 보고 있어
彼女が 見て いて

눈부시네요
まぶしいよ

고기를 잡으러
魚を 採りに

저 바다로
あの 海に

갈까요
行こうか

진주 조개를 따다
真珠 貝を 採って

그녀 목에 걸고
彼女の 首に かけて

망고 파파야
マンゴ パパイヤの

향기 묻은 입술로
香りの 付いた 唇で

내게 키스해요
ぼくに キスしてよ

my sweety……

*해지는 바다
日が沈む 海

모닥불 빛 아래
たき火の 下

그녀와 둘만의
彼女と 2人だけの

허니문
ハネムーン

하얗게 부서지는
白く 砕ける

내 발 아래
ぼくの 足元の

파도

여름의 추억을
夏の 思い出を

만들어 가요.
作っていこうよ

지나간 옛일
過ぎ去った 昔のこと

여자 얘기들은
女の 話は

물어 보지 말아요
聞かないでよ

행복하게
幸せに

살아요
暮らそうよ

하루하루
1日1日

그 누구보다 더
その だれより もっと

오늘이 오길
今日が 来るよう

기다린 나의
待った ぼくの

맘을
心を

받아 주세요*
受け取って ください

 

당신이
君が

원하신다면
願うのなら

울창한
うっそうとした

밀림에서라도
密林でも

바나나 잎을 엮어
バナナの 葉を 編んで

아담한 집을 짓고
こぢんまりした 家を 作って

살 수 있죠
暮らせるよ

같은 주소를
同じ 住所を

쓰는 일
書く こと

서로
お互い

닮아 가는 일
似て いく こと

너무나 기다려 온
あまりに 待って きた

나의 꿈이죠
ぼくの 夢だよ

유리 바다 같은
ガラスの 海みたいな

아름다운 해변에
美しい 海辺に

코코넛
ココナッツ

body lotion

여자들의
女たちの

perfume

은빛 모레
銀色の 砂

고래들의
クジラたちの

summer dance

붉은 저녁 노을
赤い 夕焼け

party time

*해지는 바다
日が沈む 海

모닥불 빛 아래
たき火の 下

그녀와 둘만의
彼女と 2人だけの

허니문
ハネムーン

하얗게 부서지는
白く 砕ける

내 발 아래
ぼくの 足元の

파도

여름의 추억을
夏の 思い出を

만들어 가요.
作っていこうよ

지나간 옛일
過ぎ去った 昔のこと

여자 얘기들은
女の 話は

물어 보지 말아요
聞かないでよ

행복하게
幸せに

살아요
暮らそうよ

하루하루
1日1日

그 누구보다 더
その だれより もっと

오늘이 오길
今日が 来るよう

기다린 나의
待った ぼくの

맘을
心を

받아 주세요*
受け取って ください

ルビ付きで練習してみる

Comments (0) 6月 28 2015

UN チェジョンウォン White Dream In Love ルビ付き

Posted: under K-POP.

좀처럼
チョンチョロン
なかなか

웃질 않네요
ウッチル アンネヨ
笑わないね

많이
マニ
とても

힘든가 봐요
ヒンドゥンガ ボァヨ
つらいようだね

또 그 사람이
ト ク サラミ
また あの 人のことを

생각나는지
センガンナヌンジ
思い出すのか

그녀는
クニョヌン
彼女は

너무 바보죠
ノム パボジョ
本当に バカだよ

다른 사람에게서
タルン サラメゲソ
他の 人から

이렇게
イロッケ
こんなふうに

사랑 받고 있는데
サラン バッコ インヌンデ
愛されて いるのに

밤하늘의
パンハヌレ
夜空の

별빛이
ピョルピチ
星明かりが

가득한 날이면
カドゥカン ナリミョン
いっぱいの 日には

환히 웃던
ファニ ウットン
明るく 笑う

그녀를
クニョルル
彼女を

나는 언제나
ナヌン オンジェナ
ぼくは いつも

기억하죠
キオカジョ
覚えてるよ

별빛 가득하길
ピョルピッ カドゥカギル
星明かり いっぱいであるよう

*그녀가 웃기를
クニョガ ウッキルル
彼女が 笑うように

이렇게
イロッケ
こんなふうに

용기 없고
ヨンギ オッコ
勇気 なくて

서툰
ソットゥン
不器用な

나를 돕기를
ナルル トッキルル
ぼくを 助けるように

혼자서
ホンジャソ
一人で

바라만 보다가
バラマン ポダガ
見つめていて

다시
タシ
また

돌아설 순 없죠
トラソル ス ノッチョ
背を向けることはできないよ

간절히 꿈 꾸죠
カンジョリ クン クジョ
切実に 夢 見るよ

white dream in love*

white dream in love

 

말처럼
マルチョロン
言葉のように

쉽질 않았죠
スィッチル アナッチョ
たやすくなかったよ

누굴 포기하는 건
ヌグル ポギハヌン ゴン
誰かを あきらめる ことは

그녀의 맘도
クニョエ マンド
彼女の 心も

이런 거겠죠
イロン ゴゲッチョ
こんな ことでしょ

어떡해야
オットケヤ
どうすれば

내 맘을
ネ マムル
ぼくの 心を

전할 수 있을까
チョナル ス イッスルカ
伝えることができるだろうか

태여나
テヨナ
生まれて

처음으로
チョウムロ
初めて

마음을 다해
マウムル ダヘ
心を 尽くして

기도했죠
キドヘッチョ
祈ったよ

별빛 가득하길
ピョルピッ カドゥカギル
星明かり いっぱいであるよう

(별빛 가득하길)
ピョルピッ カドゥカギル
星明かり いっぱいであるよう

*그녀가 웃기를
クニョガ ウッキルル
彼女が 笑うように

이렇게
イロッケ
こんなふうに

용기 없고
ヨンギ オッコ
勇気 なくて

서툰
ソットゥン
不器用な

나를 돕기를
ナルル トッキルル
ぼくを 助けるように

혼자서
ホンジャソ
一人で

바라만 보다가
バラマン ポダガ
見つめていて

다시
タシ
また

돌아설 순 없죠
トラソル ス ノッチョ
背を向けることはできないよ

간절히 꿈 꾸죠
カンジョリ クン クジョ
切実に 夢 見るよ

white dream in love*

별빛이 밝으면
ピョルピチ パルグミョン
星明かりが 明るければ

그녀가 웃으면
クニョガ ウスミョン
彼女が 笑えば

그동안
クドガン
それまで

연습했던 말들
ヨンスペットン マルドゥル
練習してきた 言葉

얘기할게요
イェギハルケヨ
話すよ

세상을
セサグル
世界を

밝힌 별빛처럼
パルキン ピョルピッチョロン
明るくした 星明かりのように

포근히
ポグニ
ポカポカと

그녀를 안고
クニョル ランコ
彼女を 抱いて

영원히 둘이서
ヨンウォニ トゥリソ
永遠に 2人で

행복하길
ヘンボカギル
幸せになるように

white dream in love

 

늘 그랬죠
ヌル クレッチョ
いつも そうだったよ

늘 원했죠
ヌル ウォネッチョ
いつも 願ったよ

그대 있어
クデ イッソ
君 いて

행복했죠
ヘンボケッチョ
幸せだったよ

알아줘요
アラジュォヨ
知ってくれよ

기억해요
キオケヨ
覚えていてよ

사랑해요
サランヘヨ
好きだよ

ルビなしで歌ってみる

『白い雪が降ったら』を聞いてみる

Comments (0) 6月 28 2015

UN チェジョンウォン White Dream In Love ルビなし

Posted: under K-POP.

좀처럼
なかなか

웃질 않네요
笑わないね

많이
とても

힘든가 봐요
つらいようだね

또 그 사람이
また あの 人のことを

생각나는지
思い出すのか

그녀는
彼女は

너무 바보죠
本当に バカだよ

다른 사람에게서
他の 人から

이렇게
こんなふうに

사랑 받고 있는데
愛されて いるのに

밤하늘의
夜空の

별빛이
星明かりが

가득한 날이면
いっぱいの 日には

환히 웃던
明るく 笑う

그녀를
彼女を

나는 언제나
ぼくは いつも

기억하죠
覚えてるよ

별빛 가득하길
星明かり いっぱいであるよう

*그녀가 웃기를
彼女が 笑うように

이렇게
こんなふうに

용기 없고
勇気 なくて

서툰
不器用な

나를 돕기를
ぼくを 助けるように

혼자서
一人で

바라만 보다가
見つめていて

다시
また

돌아설 순 없죠
背を向けることはできないよ

간절히 꿈 꾸죠
切実に 夢 見るよ

white dream in love*

white dream in love

 

말처럼
言葉のように

쉽질 않았죠
たやすくなかったよ

누굴 포기하는 건
誰かを あきらめる ことは

그녀의 맘도
彼女の 心も

이런 거겠죠
こんな ことでしょ

어떡해야
どうすれば

내 맘을
ぼくの 心を

전할 수 있을까
伝えることができるだろうか

태어나
生まれて

처음으로
初めて

마음을 다해
心を 尽くして

기도했죠
祈ったよ

별빛 가득하길
星明かり いっぱいであるよう

(별빛 가득하길)
星明かり いっぱいであるよう

*그녀가 웃기를
彼女が 笑うように

이렇게
こんなふうに

용기 없고
勇気 なくて

서툰
不器用な

나를 돕기를
ぼくを 助けるように

혼자서
一人で

바라만 보다가
見つめていて

다시
また

돌아설 순 없죠
背を向けることはできないよ

간절히 꿈 꾸죠
切実に 夢 見るよ

white dream in love*

 

별빛이 밝으면
星明かりが 明るければ

그녀가 웃으면
彼女が 笑えば

그동안
それまで

연습했던 말들
練習してきた 言葉

얘기할게요
話すよ

세상을
世界を

밝힌 별빛처럼
明るくした 星明かりのように

포근히
ポカポカと

그녀를 안고
彼女を 抱いて

영원히 둘이서
永遠に 2人で

행복하길
幸せになるように

white dream in love

늘 그랬죠
いつも そうだったよ

늘 원했죠
いつも 願ったよ

그대 있어
君 いて

행복했죠
幸せだったよ

알아줘요
知ってくれよ

기억해요
覚えていてよ

사랑해요
好きだよ

ルビ付きで練習してみる

Comments (0) 6月 28 2015

UN チェジョンウォン Summer Story ルビ付き

Posted: under K-POP.


ナン
ぼくは

그녈 따라나섰지
クニョル タラナソッチ
彼女に 付いてきたよ

설마
ソルマ
まさか

그녀 곁에
クニョ ギョテ
彼女の そばに

누가 없다곤
ヌガ オッタゴン
誰か いないとは

oh

믿지 않았지
ミッチ アナッチ
信じてなかったよ

oh

멀어져 가는
モロジョ カヌン
遠ざかって いく

그녀
クニョ
彼女

이런 정말
イロン チョンマル
おやおや 本当に

그녀 혼자야
クニョ ホンジャヤ
彼女 一人だ

더욱 궁금해져
トウッ クングメジョ
一層 気になって

그녀에게
クニョエゲ
彼女にとって

왠지 여름은
ウェンジ ヨルムン
なぜか 夏は

잔인해 보여
チャニネ ボヨ
残忍に 見える

저 부서지는
チョ プソジヌン
あの 砕ける

햇살에 비친
ヘッサレ ピッチン
日差しに 映った

반짝인 두눈
パンチャギン トゥヌン
キラッとする 両目

그녀가 울어
クニョガ ウロ
彼女が 泣いてる

나도 몰래
ナド モルレ
ぼくも こっそり

다가가고 말았어
タガガゴ マラッソ
近づいて しまったよ

*oh

여기 나를
ヨギ ナルル
ここの ぼくを

좀 바라봐요
チョン パラボァヨ
ちょっと 見てよ

두려워 말고
トゥリョウォ マルゴ
不安がらないで

이별 때문인가요
イビョル テムニンガヨ
別れの せいなの?

말해 줄 수 없나요
マレ ジュル ス オンナヨ
言うことが できないの?

oh

아픈 추억은
アプン チュオグン
苦しい 思い出は

저 바다에
チョ パダエ
あの 海に

실어 보내요
シロ ボネヨ
載せて 送ろう

이젠 나와 함께
イジェン ナワ ハンケ
これからは ぼくと 一緒に

사랑을 해요*
サラグ レヨ
恋を しよう

 

슬픈
スルプン 
悲しい

눈물 짓기엔
ヌンムル チッキエン
涙 つくるには

우리의 여름은
ウリエ ヨルムン
ぼくたちの 夏は

너무 짧아요
ノム チャルバヨ
短すぎるよ

나의 손을 잡아요
ナエ ソヌル チャバヨ
ぼくの 手を 握ってよ

oh

오래 간직될
オレ カンジットェル
長く 大切になる

추억
チュオッ
思い出

우리 함께
ウリ ハンケ
ぼくたち 一緒に

만들어 봐요
マンドゥロ ボァヨ
つくって みようよ

이젠 웃어봐요
イジェ ヌソボァヨ
これからは 笑ってみよう

셀 수 없는
セル ス オンヌン
数えられない

모래알처럼
モレアルチョロン
砂の粒のように

많은 사람 중
マヌン サラン ジュン
たくさんの 人の 中

이렇게 그댈
イロッケ クデル
こんなふうに 君に

만나게 된 건
マンナゲ トェン ゴン
出会えた のは

기적인 거죠
キジョギン ゴジョ
奇跡でしょ

허락해 줘요
ホラケ ジュォヨ
許して くれよ
 
내가 그댈
ネガ クデル
ぼくが 君を

사랑할 수 있도록
サランハル ス イットロッ
好きになるよう

*oh

여기 나를
ヨギ ナルル
ここの ぼくを

좀 바라봐요
チョン パラボァヨ
ちょっと 見てよ

두려워 말고
トゥリョウォ マルゴ
不安がらないで

이별 때문인가요
イビョル テムニンガヨ
別れの せいなの?

말해 줄 수 없나요
マレ ジュル ス オンナヨ
言うことが できないの?

oh

아픈 추억은
アプン チュオグン
苦しい 思い出は

저 바다에
チョ パダエ
あの 海に

실어 보내요
シロ ボネヨ
載せて 送ろう

이젠 나와 함께
イジェン ナワ ハンケ
これからは ぼくと 一緒に

사랑을 해요*
サラグ レヨ
恋を しよう

추억을 담는
チュオグル タンヌン
思い出を 込める

oh

연인들처럼
ヨニンドゥルチョロン
恋人たちのように

파도 속에
パド ソゲ
波の 中に

뛰어 들어요
ティオ ドゥロヨ
走りこもうよ

oh

거센
コセン
荒い

파도와 같은
パドワ ガトゥン
波のような

눈물은 씻어요
ヌンムルン シソヨ
涙は 洗ってよ

다시
タシ
もう一度

시작해 봐요
シジャケ ボァヨ
始めて みようよ

 

oh

영화에서나
ヨンファエソナ
映画でも

볼 수 있던
ボル ス イットン
見られる

우리의 만남
ウリエ マンナン
ぼくたちの 出会い

그 때
ク テ
あの ときの

그 장면처럼
ク チャンミョンチョロン
あの 場面のように

그녈
クニョル
彼女を

안고 있어요
アンコ イッソヨ
抱いて いるよ

oh

끝이 없는
クチ オンヌン
終わりの ない

저 바다 걸어
チョ パダ コロ
あの 海 歩いて

약속할께요
ヤクソカルケヨ
約束するよ

그대만을 위한
クデマヌル ウィハン
君だけの ための

내가 된다고
ネガ トェンダゴ
ぼくに なると

All right

ルビなしで歌ってみる

Comments (0) 6月 28 2015

UN チェジョンウォン Summer Story ルビなし

Posted: under K-POP.


ぼくは

그녈 따라나섰지
彼女に 付いてきたよ

설마
まさか

그녀 곁에
彼女の そばに

누가 없다곤
誰か いないとは

oh

믿지 않았지
信じてなかったよ

oh

멀어져 가는
遠ざかって いく

그녀
彼女

이런 정말
おやおや 本当に

그녀 혼자야
彼女 一人だ

더욱 궁금해져
一層 気になって

그녀에게
彼女にとって

왠지 여름은
なぜか 夏は

잔인해 보여
残忍に 見える

저 부서지는
あの 砕ける

햇살에 비친
日差しに 映った

반짝인 두눈
キラッとする 両目

그녀가 울어
彼女が 泣いてる

나도 몰래
ぼくも こっそり

다가가고 말았어
近づいて しまったよ

*oh

여기 나를
ここの ぼくを

좀 바라봐요
ちょっと 見てよ

두려워 말고
不安がらないで

이별 때문인가요
別れの せいなの?

말해 줄 수 없나요
言うことが できないの?

oh

아픈 추억은
苦しい 思い出は

저 바다에
あの 海に

실어 보내요
載せて 送ろう

이젠 나와 함께
これからは ぼくと 一緒に

사랑을 해요*
恋を しよう

 

슬픈 눈물 짓기엔
悲しい 涙 つくるには

우리의 여름은
ぼくたちの 夏は

너무 짧아요
短すぎるよ

나의 손을 잡아요
ぼくの 手を 握ってよ

oh

오래 간직될
長く 大切になる

추억
思い出

우리 함께
ぼくたち 一緒に

만들어 봐요
つくって みようよ

이젠 웃어봐요
これからは 笑ってみよう

셀 수 없는
数えられない

모래알처럼
砂の粒のように

많은 사람 중
たくさんの 人の 中

이렇게 그댈
こんなふうに 君に

만나게 된 건
出会えた のは

기적인 거죠
奇跡でしょ

허락해 줘요
許して くれよ
 
내가 그댈
ぼくが 君を

사랑할 수 있도록
好きになるよう

*oh

여기 나를
ここの ぼくを

좀 바라봐요
ちょっと 見てよ

두려워 말고
不安がらないで

이별 때문인가요
別れの せいなの?

말해 줄 수 없나요
言うことが できないの?

oh

아픈 추억은
苦しい 思い出は

저 바다에
あの 海に

실어 보내요
載せて 送ろう

이젠 나와 함께
これからは ぼくと 一緒に

사랑을 해요*
恋を しよう

추억을 담는
思い出を 込める

oh

연인들처럼
恋人たちのように

파도 속에
波の 中に

뛰어 들어요
走りこもうよ

oh

거센
荒い

파도와 같은
波のような

눈물은 씻어요
涙は 洗ってよ

다시
もう一度

시작해 봐요
始めて みようよ

 

oh

영화에서나
映画でも

볼 수 있던
見られる

우리의 만남
ぼくたちの 出会い

그 때
あの ときの

그 장면처럼
あの 場面のように

그녈
君を

안고 있어요
抱いて いるよ

oh

끝이 없는
終わりの ない

저 바다 걸어
あの 海 歩いて

약속할께요
約束するよ

그대만을 위한
君だけの ための

내가 된다고
ぼくに なると

All right

ルビ付きで練習してみる

Comments (0) 6月 28 2015

UN チェジョンウォン 言わば ルビ付き

Posted: under K-POP.

原題:말하자면(読み方:マラジャミョン)

ラップ歌詞なし

*말하자면
マラジャミョン
言わば

너를
ノルル
君が

사랑하고 있다는 말이야
サランハゴ イッタヌン マリヤ
好きなんだってば

하지만 나는
ハジマン ナヌン
でも ぼくは

말할 수 없단 얘기야
マラル ス オッタン イェギヤ
言えない 話だ

하루가
ハルガ
1日が

또 지나도
ト チナド
また 過ぎても

난 항상
ナン ハンサン
ぼくは いつも

제자리에*
チェチャリエ
元の場所に

너의 뒤에선
ノエ ティエソ
君の 後ろでは

항상
ナンサン
いつも

너를 쳐다봐
ノルル チョダボァ
君を 見つめる

너의 앞에선
ノエ アペソ
君の 前では

항상
ナンサン
いつも

땅을 쳐다봐
タグル チョダボァ
地面を 見つめる

넌 알지 못했니
ノ ナルジ モテンニ
君は 分からないの?

어색하게
オセカゲ
ぎこちなく

애써 외면을 했던 걸
エソ ウェミョンウル ヘットン ゴル
気遣って 無視を してたのを

**우연히
ウヨニ
偶然

스쳐 지날 때마다
スチョ チナル テマダ
すれ違う たびに

서로
ソロ
お互い

반갑게 지나쳐
パンガッケ チナチョ
うれしく 通り過ぎて

갈 때마다
ガル テマダ
いく たびに

넌 알지 못햇니
ノン アルジ モテンニ
君は 分からなかったの?

너무나도
ノムナド
あまりにも

자주였던걸 말이야
チャジュヨットンゴル マリヤ
たびたびだったんだ

그 모든 순간들은
ク モドゥン スンガンドゥルン
その すべての 瞬間は

결코
キョルコ
決して

우연들이 아니였어
ウヨンドゥリ アニヨッソ
偶然じゃ なかった

사랑의 크기만큼이나
サラゲ クギマンクミナ
恋の 大きさほどに

두려워하는 나의
トゥリョウォハヌン ナエ
不安がる ぼくの

바보같은 모습..**
パボガットゥン モスッ
バカみたいな 姿

*말하자면
マラジャミョン
言わば

너를
ノルル
君が

사랑하고 있다는 말이야
サランハゴ イッタヌン マリヤ
好きなんだってば

하지만 나는
ハジマン ナヌン
でも ぼくは

말할 수 없단 얘기야
マラル ス オッタン イェギヤ
言えない 話だ

하루가
ハルガ
1日が

또 지나도
ト チナド
また 過ぎても

난 항상
ナン ハンサン
ぼくは いつも

제자리에*
チェチャリエ
元の場所に

 

ラップ歌詞なし

 

**우연히
ウヨニ
偶然

스쳐 지날 때마다
スチョ チナル テマダ
すれ違う たびに

서로
ソロ
お互い

반갑게 지나쳐
パンガッケ チナチョ
うれしく 通り過ぎて

갈 때마다
ガル テマダ
いく たびに

넌 알지 못햇니
ノン アルジ モテンニ
君は 分からなかったの?

너무나도
ノムナド
あまりにも

자주였던걸 말이야
チャジュヨットンゴル マリヤ
たびたびだったんだ

그 모든 순간들은
ク モドゥン スンガンドゥルン
その すべての 瞬間は

결코
キョルコ
決して

우연들이 아니였어
ウヨンドゥリ アニヨッソ
偶然じゃ なかった

사랑의 크기만큼이나
サラゲ クギマンクミナ
恋の 大きさほどに

두려워하는 나의
トゥリョウォハヌン ナエ
不安がる ぼくの

바보같은 모습..**
パボガットゥン モスッ
バカみたいな 姿

*말하자면
マラジャミョン
言わば

너를
ノルル
君が

사랑하고 있다는 말이야
サランハゴ イッタヌン マリヤ
好きなんだってば

하지만 나는
ハジマン ナヌン
でも ぼくは

말할 수 없단 얘기야
マラル ス オッタン イェギヤ
言えない 話だ

하루가
ハルガ
1日が

또 지나도
ト チナド
また 過ぎても

난 항상
ナン ハンサン
ぼくは いつも

제자리에*
チェチャリエ
元の場所に

*말하자면
マラジャミョン
言わば

너를
ノルル
君が

사랑하고 있다는 말이야
サランハゴ イッタヌン マリヤ
好きなんだってば

하지만 나는
ハジマン ナヌン
でも ぼくは

말할 수 없단 얘기야
マラル ス オッタン イェギヤ
言えない 話だ

하루가
ハルガ
1日が

또 지나도
ト チナド
また 過ぎても

난 항상
ナン ハンサン
ぼくは いつも

제자리에*
チェチャリエ
元の場所に

ルビ付きで練習してみる

Comments (0) 6月 27 2015

UN チェジョンウォン 言わば ルビなし

Posted: under K-POP.

原題:말하자면

*말하자면
言わば

너를
君が

사랑하고 있다는 말이야
好きなんだってば

하지만 나는
でも ぼくは

말할 수 없단 얘기야
言えない 話だ

하루가
1日が

또 지나도
また 過ぎても

난 항상
ぼくは いつも

제자리에*
元の場所に

너의 뒤에선
君の 後ろでは

항상
いつも

너를 쳐다봐
君を 見つめる

너의 앞에선
君の 前では

항상
いつも

땅을 쳐다봐
地面を 見つめる

넌 알지 못했니
君は 分からないの?

어색하게
ぎこちなく

애써 외면을 했던 걸
気遣って 無視を してたのを

**우연히
偶然

스쳐 지날 때마다
すれ違う たびに

서로
お互い

반갑게 지나쳐
うれしく 通り過ぎて

갈 때마다
いく たびに

넌 알지 못햇니
君は 分からなかったの?

너무나도
あまりにも

자주였던걸 말이야
たびたびだったんだ

그 모든 순간들은
その すべての 瞬間は

결코
決して

우연들이 아니였어
偶然じゃ なかった

사랑의 크기만큼이나
恋の 大きさほどに

두려워하는 나의
不安がる ぼくの

바보같은 모습..**
バカみたいな 姿

*말하자면
言わば

너를
君が

사랑하고 있다는 말이야
好きなんだってば

하지만 나는
でも ぼくは

말할 수 없단 얘기야
言えない 話だ

하루가
1日が

또 지나도
また 過ぎても

난 항상
ぼくは いつも

제자리에*
元の場所に


ラップ歌詞なし


**우연히
偶然

스쳐 지날 때마다
すれ違う たびに

서로
お互い

반갑게 지나쳐
うれしく 通り過ぎて

갈 때마다
いく たびに

넌 알지 못햇니
君は 分からなかったの?

너무나도
あまりにも

자주였던걸 말이야
たびたびだったんだ

그 모든 순간들은
その すべての 瞬間は

결코
決して

우연들이 아니였어
偶然じゃ なかった

사랑의 크기만큼이나
恋の 大きさほどに

두려워하는 나의
不安がる ぼくの

바보같은 모습..**
バカみたいな 姿

*말하자면
言わば

너를
君が

사랑하고 있다는 말이야
好きなんだってば

하지만 나는
でも ぼくは

말할 수 없단 얘기야
言えない 話だ

하루가
1日が

또 지나도
また 過ぎても

난 항상
ぼくは いつも

제자리에*
元の場所に

*말하자면
言わば

너를
君が

사랑하고 있다는 말이야
好きなんだってば

하지만 나는
でも ぼくは

말할 수 없단 얘기야
言えない 話だ

하루가
1日が

또 지나도
また 過ぎても

난 항상
ぼくは いつも

제자리에*
元の場所に

ルビ付きで練習してみる

Comments (0) 6月 27 2015