はじめに 簡単なようで難しい韓国語の発音

Posted: under 韓国語講座.

みなさん、ぼくのホームページにようこそ。これから韓国語を独学で勉強される方、またはすでにされてる方もいらっしゃるだろうけど、ぼくの韓国語の教え方は他の韓国語の教材とは角度がちょっと違うよ。まずはルビの振り方が大きく異なるよ。

 

たとえば初級の教材にありがちなのは、そうだなあ、、、「ありがとうございます」って言葉を韓国語で言うと、「カムサハムニダ」というルビが振られてあるでしょ。実はあれ、ちょっと変な発音なんだよ。もしあれをそのまま覚えてしまったら、ほかの言葉もみんな台無しになってしまうんだよ。

 

「カムサハムニダ」じゃなければなんて発音すればいいのかって思うでしょ。カタカナで書くと「カンサハンニダ」になるんだけど、それでも違うなあ。ポイントは「カンサハンニダ」の2つの「ン」のところ。そこで口を閉じた状態で「ン」と発音してみて。みんなの発音を直接見てあげられないけど、それが本当の発音なんだ。

 

みんなに質問。ちょっと考えてみてね。日本語と韓国語、どっちのほうが発音的に易しいと思う?たとえばこういうこと。日本人が韓国語の初級を勉強するのと、韓国人が日本語の初級を勉強するのとでは、どちらが発音的に楽かということ。

 

結論としては、韓国語より日本語のほうがはるかに易しいんだよ。韓国語ってもしかしたら一見易しそうに見えるんだけど、カタコトの易しい言葉といえど、しょっぱなから難しい発音のオンパレードなんだ。

 

みんなが知ってる易しい単語といったら、韓国の代表的な食べ物で「キムチ」があるよね。あれは「キムチ」と発音してはいけないよ。これも上の例と同じで、「ム」ではなく、口を閉じた「ン」と発音しなければいけないんだ。

 

だから「キンチ」になるんだけど、試しに口を閉じることを意識しながら、「キンチ、キンチ、キンチ・・・」と声に出して発音してみて。すると、何か変な感じがするよね。「ン」って発音してるはずなのに、それが「ム」みたいに感じられるでしょ。それこそがまさに本当の発音なんだよ。

 

他にも変な発音で気になる韓国語というと、「いません」「ありません」という意味の「オプソヨ」というのがあるんだけど、あれもだまされやすい変な発音だよ。普通に韓国人の発音を聞いても、「オプソヨ」って言ってるようにしか聞こえないからね。「オプソヨ」じゃないよ。「オッソヨ」だよ。でも違う。ポイントは口を閉じながら「ッ」と発音することだよ。

 

試しに声を出しながら、「オッ」と発音してみて。「オ」のあとの「ッ」のとき、口を閉じるんだよ。口を閉じなくても「オッ」と発音できるけど、口を閉じるとちょっと違った感じになるよね。口を閉じたときの「ッ」の音というのは、「p」の音になるんだ。口を閉じないで「ッ」と発音したときは、「t」になってるんだよ。また、のどで「ッ」を発音すると、「k」になるよ。

 

ぼくたち日本人にとって、こんなことはあまり大したことではないような気がするんだけど、とんでもない!!これこそが大きな落とし穴なんだよ。韓国語はまさにこれを使い分けるんだ。

 

なのでみんなの中にはハングル文字で勉強しないで、カタカナで書かれたもので勉強する人もいるかもしれないけど、そんな方法でやっても何の身にもならないよ。

 

たとえば、「ビール」は韓国語で「맥주」と書くんだけど、これに振られているルビは、市販のテキストなどでは「メクチュ」になってることが多いよ。で、これを韓国人の店員に「メクチュ」と言っても、まず誰も分かってくれないよ。もしかしたら、たくさんの日本人を相手にしたことのある韓国人だったら、その言葉を訂正したうえで、理解してくれる場合はあるだろうけどね。

 

韓国人全員が「ああ、メッチュ!」と答えるはず。ここでしつこく「メクチュ」と言い続けたら、「メクチュじゃない。メッチュ」と教えてくれるかも。なので、決して、カタカナで勉強しようとは思わないでね。

 

そんな勉強法でしていたら、ある段階ですぐに挫折することになるよ。どの段階かというと、文法の段階で。

 

日本人が韓国語の勉強をするときに大きく踏み外してしまうところが、日本語で言うところの「ン」とか「ッ」に該当するパッチム」と呼ばれるものなんだ。これはカタカナで理解してはいけない『核』とも言える非常に重要な部分だよ。これを無視して勉強なんかしたら、韓国人側からすると、なんと統一性がまったくなく、支離滅裂な発音をするオモロイ日本人なんだろうと思われてしまうよ。ほんとに。

 

ぼくはNHKのラジオ放送などで独学で韓国語を習得したんだけど、学習する過程でテキストのカナと韓国人の発音がぜんぜん違うっていうのをずっとおかしく思ってたんだ。今現在になってもまったく同じまんまで、これはダメでしょ。それがブログ作りを始めるきっかけになったんだよ。

 

ぼくはアメーバーブログ(アメブロ)にある『ハングルを楽しみながらお勉強』というタイトルのブログをしてるんだけど、主にK-POPの歌詞の和訳やルビを振ることが多いんだ。その中でパッチムについては口酸っぱく気を付けるよう書いているよ。

 

ホームページを始めてすでに1年が経過してるんだけど、K-POPの歌詞が多数載せてあるから、ぜひ聞いてみて。基本的にルビの振り方はその歌を歌っている歌手の声に合わせて振ってあるから、かなり手の込んだものだと思ってもいいよ。ルビを振る際には、何度も繰り返し聴き直してるからね。

 

でもおかしいよね。ぼくはハングル文字が自由に読めるのに、なぜ歌手の声に沿ってルビを振るのって思うでしょ。そうなんだよ。まさにそこが韓国語のおかしな点なんだ。歌手の声を聞かなくても、90パーセントぐらいは正確に書けるんだけど、残り10パーセントほどは直接聞いてみないと分からないんだよ。

 

その残り10パーセントほどを理解できるか、できないかで、韓国語の発音の上達に大きな差が生じてくると言っても過言ではないよ。詳しいことは、後のほうの課で綴ってあるので順に学習していってほしいところ。

 

ここで、ひとつだけオススメの歌を紹介するね。

 

ティム 好きです

 

この歌はぼくの好きなK-POPのひとつなんだ。直訳すると、『愛してます』というタイトルなんだけど、『好きです』のほうが日本人向けなんじゃないかなあ。「愛してます」を韓国語で言うと、『サランハムニダ』だと思ってる方が多いだろうけど、本当の発音は『サランハンニダ』で『ハンニダ』の『ン』のところで口を閉じることがポイントだよ。

 

さらに、この歌を耳を澄まして聞いてみると『好きです』のところを『サランハンニダ』ではなく、『サラガンニダ』と歌っている部分があるよね。こういうところは本場の韓国人ならではの発音なんだけど、その部分こそまさにその10パーセントに引っかかるところだよ。

 

詳しいことはのちのち語ることにして、間違いを犯しやすい「パッチム」をはじめ、韓国語というものを1から分かりやすく解説していくからね。しょっぱなから愚痴っぽいあいさつになってしまったけど、それはみんなに韓国人らしい素敵な発音をプレゼントしたいからなんだ。

 

なかなかハングル文字を読むことができなかった方でもぼくの方法でしていけば、簡単に覚えられるようになるよ。きっと!!最終的に行き着くところはルビ(カタカナの仮名)なしでハングル文字を自由に読めるようになることなので、その部分も丁寧にやっていくね。

 

ハングル文字を見ただけで、なんて書いてあるのか分かるようになるからね。意味については、別途学習しなければいけないんだけど。

 

また、各課にはテストを豊富に用意してるので、ぜひ活用しながら勉強を進めてみてね。前置きがとても長くなってしまったけど、これから頑張っていこうね。よろしく。

 

第1章 1課に進む

5件のコメント

  1. sayaonma Says:

    先生、使い方がいまひとつわからず、発音聞けません。プログもっていないので、持っている人向きなのか?やっぱり発音は聞きたいです。もう少し研究してみます。

  2. sayaonma Says:

    良い曲ですね♪
    昔に聴いたような
    歌も、kーpopも好きですが以前JYJのジュンスが出ていたミュージカルで聞いたキムグァンソクッシの愛という理由がよかったです
    。初めて聞いたきがせず、そんな昔の曲も良いのがあった紹介してください

  3. Jun Says:

    コメントありがとうございます。ぜひ、リクエストしてください。明日あたりからどんどん載せていけるように頑張ります。^^

  4. かもみん Says:

    こんにちは。
    Junさんのブログの「ハングル講座玄関編」を学習し、今日やっと75課まで終了しました。
    ノートが二冊埋まりましたが、表面をなぞるのが精いっぱいで頭には入っていない感じです。。。
    でも後々良い参考書になると信じています。
    今度はHPの「やさしくお勉強」を読み始めます。
    追い付くのはまだまだ先になりそうですが・・・がんばるのでよろしくお願いします!

  5. Jun Says:

    返事が大変遅れて申し訳ありませんでした。
    ぼくもこっちの更新をどんどん頑張って載せていくつもりですので、
    よろしくお願いします。
    かもみんさん、頑張りましょう!



この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL



コメントする