第1章 第3課 濁音になる子音 その1

Posted: under 韓国語講座.

今回から子音を加えていくよ。韓国語の子音は全部で19個もあるんだ。さらに濁音になるものを含めると23個になるんだから大変だよね。母音が21個で子音が24個だとすると、すべてを掛け合わせたら504個も文字の組み合わせが存在するってことになってしまうんだけど、全部覚えなければいけないのって思うでしょ?

 

結論を言うと、覚える必要なんてぜんぜんないよ。日本語のように「あいうえお」を1字、1字覚えていくというより、要はどんな子音と母音が重なってできているのかということが分かればいいだけのことだからね。そういう点では韓国語は易しそうに見えるんだけどね。でも問題はそのあとだよ。

 

ハングル文字は1文字のときは関係ないけど、2文字以上並ぶと発音のルールというのが起きてくるよ。それを理解するまでが大きな関門と言えるだろうね。その発音のルールについては今回から長期に渡ってじっくりとみていくことにするね。

 

今回学習するのは、濁音になる子音だよ。まず気を付けなければいけないことは日本語とは違うということ。日本語だと、「か行、さ行、た行、は行」はそれぞれ「が行、ざ行、だ行、ば行」になるけど、韓国語の場合は重なる部分もあるけど異なるところもあるからね。

 

では濁音になる子音4つを挙げるね。

 

ㄱ(K/G)

ㄷ(T/D)

ㅂ(P/B)

ㅈ(ch/J)

 

さらに、子音と母音を組み合わせたものを表示するね。どう読むのか考えてみてね。

 

고 가 구 거

도 다 두 더

보 바 부 버

조 자 주 저

 

上の文字を見ただけですぐに読めた方はスゴイ。母音がアノ順番で並んでいるよね。キーワードはなんだっけ?あれだよ。あれ。左から時計回りになってるでしょ。上から1番目と3番目は読めるかもしれないけど、2番目、4番目はちょっとあやふやだよね。

 

見えないように答えを上から順に書いておくね。

 

コ カ ク コ

ト タ トゥ ト

ポ パ プ ポ

チョ チャ チュ チョ

 

ちゃんと読めたかな。2番目の「トゥ」は「ツ」って読まないの?って思うでしょ。韓国語には「ツ」と読める文字がないんだ。ちなみに日本語を勉強したことのない韓国人に「たちつてと」を発音させると、「たちちゅてと」って答えるよ。日本人にとってはなんでもない発音なんだけど、韓国人にとっては「つ」はけっこうつらい発音みたいだよ。

 

次にこれはどう読む?

 

교 갸 규 겨

됴 댜 듀 뎌

뵤 뱌 뷰 벼

죠 쟈 쥬 져

 

下駄みたいな母音ってどの行の音だったっけ?前の課をちゃんと学習してればすぐ分かるよね。でも読んでみるとけっこう変な感じだよね。言いにくいというか、ほんとに合ってるのかなあっていう印象じゃない?特に一番言いづらいのは上から2番目、日本語でこんな音を使う単語なんてないよね。とりあえず安心してね。ぜんぜん使わないというわけではないけど、上から2番目に関しては単語を見つけることもできないくらい使わないから。

 

読み方を左から書くとこうなるよ。

 

キョ キャ キュ キョ

ティョ ティャ ティュ ティョ

ピョ ピャ ピュ ピョ

チョ チャ チュ チョ

 

こういう小さい「ゃ、ゅ、ょ」などが入る文字のことを拗音(ようおん)って言うんだけど、読みづらいよね。さっきも書いたけどこういう文字はいちいち覚える必要はないからね。文字として読めるだけで十分。

 

あと上のあ行と下のや行の文字を比べてみると、あれなんでだろうっていうのがあるよね。4番目の「チョ チャ チュ チョ」のことだよ。あ行でも「チョ チャ チュ チョ」、や行でも「チョ チャ チュ チョ」。これは発音に違いなんてないからね。韓国人が言うには違いがあるって言うんだけど、気にしなくても大丈夫だよ。下の「チョ チャ チュ チョ」を使った単語なんてほとんどないし。逆に上の「チョ チャ チュ チョ」はけっこう単語があるんだ。

 

次にこれはどう読む?

 

기 그 게 개

디 드 데 대

비 브 베 배

지 즈 제 재

 

この中で読みづらいのは上から2番目だろうなあ。日本語のた行どおりの発音にはならないからね。だとするとどう読むか分かるかな?予想してみてね。

 

上からこう読むんだよ。

 

キ ク ケ ケ

ティ トゥ テ テ

ピ プ ペ ペ

チ チュ チェ チェ

 

どう?予想通りだった?た行は「た、てぃ、とぅ、て、と」になってしまうということだけは頭に入れておいてね。

 

他の合成母音の組み合わせについては次の課でするから、心配しなくても大丈夫だよ。韓国語は母音が多くて、大変、大変。

 

 

で、次なんだけど、これらは1文字のときは大したことないんだけど、2文字以上になると、発音のルールが表れるってさっき言ったよね。この4つの子音に関しては文字を並べると、後ろの文字は濁音読みするんだ。テキストとかでは有声音化するって言ってるよ。ちょっと下の文字を読みとってみて。

 

고고

다다

부부

저저

 

どう?ちゃんと読めるかな。間違えてもいいから、読み取ってみてね。答えをすぐ見ようとしないで考えてみてね。

 

答えは上からこうなるよ。

 

コゴ

タダ

プブ

チョジョ

 

どう?ちゃんと読めた?か行とた行に濁音があるところは日本語と同じだけど、ぱ行、ちゃ行に濁音があるところは変だよね。この4つの子音だけは濁音が存在するんだ。あと、文字がみっつ以上になっても読み方の基本は変わらないよ。ちょっと読んでみて。

 

교교교

디디디

뱌뱌뱌

재재재

 

どう?今度もちゃんと読めたかな。答えは下のようになるよ。

 

キョギョギョ

ティディディ

ピャビャビャ

チェジェジェ

 

ただ、パッチムという日本語の小さい「っ」に当てはまるものが出てくる場合は、次の文字は濁音にはならないということも気を付けてね。まだパッチムについては何も説明してないけど、簡単にいくつか例を挙げておくね。下のパッチムは全部「っ」と読めるよ。練習だと思って読んでみてね。

 

각고구

닷두도

봅뵤뷰

짇자재

 

上に挙げた例はどれもめちゃくちゃな言葉だから覚える必要はぜんぜんないからね。読めるだけで十分だよ。さっきより母音が複雑になってるよね。こういうのに徐々に慣れていってね。上から読み方はこうなるよ。

 

カッコグ

タットゥド

ポッピョビュ

チッチャジェ

 

 では最後にどれぐらい今回の学習を理解できたのかテストを受けてみてね。

第3課テストへ

第4課に進む

トップページへ

 

 

2件のコメント

  1. あじゅんま Says:

    本当に難しいですね。
    有声音化から進まない
    ( ̄◇ ̄;)
    アラフォーの独学…。
    でも、いつかJunさんのように習得したいです。

  2. Jun Says:

    ぼくもなかなか先を更新できず申し訳なく思っています。
    第3章までをまとめることができたら、
    ひとまずは一安心なんですけどね。
    お互いにがんばりましょう。



この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL



コメントする