第4章 第1課 何か変だぞ、またがりの濁音化

Posted: under 韓国語講座.

ここからはK-POPの歌詞をルビなしで読めるように、学習していくよ。

 

今まではひとつの単語ばかり解いてきたんだけど、ここからは複数の単語や動詞、形容詞、副詞などを踏まえて、より実践的な韓国語をK-POPというテキストで進めていくことにするね。

 

今回学習するのはこれ。まず、下のハングル文字を読み取ってみて。ルビ(カナ)とハングル表記もしてみようか。

 

1、눈이 닫는 곳마다(目が 閉じる 先々で)

2、난 너만 보여(ぼくは 君だけ 見える)

 

これはナユングォンの『恋は雨のように』の歌詞の一部だよ。答えは下のとおりだよ。

 

1、ヌニ タンヌン コンマダ(누니 닫는 곧마다)

2、ナン ノマン ポヨ(난 너만 보여)

 

第3章まで終了していればちゃんと読めるはずだよ。それじゃ、次行ってみよう。今度はこれ。これも同様にルビとハングル表記してみようか。

 

1、너의 손 잡은 채(君の 手 つかんだ まま)

2、그대 곁에서 내가(君の そばで ぼくが)

3、눈 감는 날(目 閉じる 日)

 

これはパクヨンハの『初めてのあの時のように』の歌詞の一部だよ。答えは下のとおりだよ。

 

1、ノエ ソン ジャブン チェ(너의 손 자븐 채)

2、クデ ギョテソ ネガ(그대 겨테서 내가)

3、ヌン ンヌン ナル(눈 감는 날)

 

上の答えと比べると、ちょっと変な感じがしないかな?こっちのほうは単語のはじめなのに濁音が加わってるよね。上のほうは濁音になってないでしょ。

 

これ、なんでだろうって思うことは普通のことだからね。気になるべきことだよ。でも先に結論を言うとね、どっちでもいいんだ。3章まででは、語の最初でなければ濁音化するということだったんだけど、文章になってる場合は前の言葉にまたがりながら、語の先頭でも濁音化するんだ。これのことを『またがりの濁音化』と呼ぶことにするね。実際、これのことを呼ぶ名称が他にあるのかは知らないんだけどね。

 

K-POPの歌詞を見るかぎりでは、またがりの濁音化があるかどうかなんてのはよく分からないことなんだけど、実際歌を聞いてみると歌手たちはまたぎの濁音化を、毎回というわけではないけど、確かに使っているよ。

 

おそらくこれは無意識で発音してるんじゃないかなあって思うよ。こういうことはノンネイティブ(母語としない人)だからこそ気づけることであって、ネイティブ(母語とする人)である韓国人の目からすると、えっ?これのどこが特殊な発音なの?って思うことだよ。

 

だからまたぎの濁音化がされてたり、されてなかったりと、統一されてないから余計に気になるよね。市販されているテキストとかにもこういうことは特に触れていないし。特にルールがあるわけでもなさそうだよ。

 

でも、前の語の後ろが「っ」のパッチムの場合は、後ろの語は決して濁音化はしないよ。「ん」のパッチムのときは、後続の語は濁音化しても、しなくても大丈夫だよ。下の場合、読み方が2種類あるんだ。

 

꼭 조금만 더(しっかり もう少しだけ)

ッコッ チョグンマン ド

ッコッ チョグンマン ト

 

上のほうの答えをこうルビを振っても、ぜんぜん問題ないからね。

 

1、ヌニ ンヌン ンマダ(누니 닫는 곧마다)

2、ナン ノマン ヨ(난 너만 보여)

 

ただひとつだけ勘違いしてほしくないことは、文の一番はじめだけは絶対に濁音化はしないということ。文の途中の語なら濁音化させようが、させまいが特に問題にならないということは知っておいてね。

 

 それじゃ、最後に『すぐ分かるやさしい韓国語テスト』を受けてみてね。

テストを受けてみる

第2課に進む

トップページに戻る

 

 

 

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

コメントする