第1章 第7課 激音 その1

Posted: under 韓国語講座.

ここでは激音について学習していこうね。今までずっと平音について学んできたんだけど、平音は日本語とほぼ同じだと解釈してね。だけど今回勉強する激音と、次回学習することになる濃音は日本語にはない発音なので、ちょっとだけ注意してね。濃音に比べると、激音のほうが易しめなので、発音の仕方さえ分かれば大したことないから。

 

激音を表す子音は全部で5つあるよ。

 

ㅋ(K)

ㅌ(T)

ㅊ (Ch)

ㅍ(P)

ㅎ(H)

 

追記なんだけど、上の5つの子音の中でㅎだけは異質で、後のほうの課の『激音化』の項目でお目にかかることになるよ。

 

 

どことなく平音の子音と形が似ているよね。ちょっと比べてみて。

 

ㄱ(K/G) → ㅋ(K)

ㄷ(T/D) → ㅌ(T)

ㅈ(Ch/J) → ㅊ(Ch)

ㅂ(P/B) → ㅍ(P)

 

確かに似てるでしょ。ちょっと文字を表してみようか。下の文字の読み方はもう大丈夫だよね。

 

코 카 쿠 커

토 타 투 터

초 차 추 처

포 파 푸 퍼

호 하 후 허

 

どう?ちゃんと読める?読み方は下の通りだよ。

 

コ カ ク コ

ト タ ト ゥト

チョ チャ チュ チョ

ポ パ プ ポ

ホ ハ フ ホ

 

発音の仕方は簡単だよ。口の前に手の平をかざして、「ぱー」と言ってみて。手の平に息が激しくぶつかってれば成功。それは「파」の発音だよ。同様に「かー」「たー」「ちゃー」と発音してみて。4つの激音の中ではㅍとㅌは息が激しく手の平にぶつかるのが分かるでしょ。「かー」と「ちゃー」は手の平に息がぶつかってるのが分かれば、それで激音になってるからね。

 

 

拗音のほうも見てみようね。

 

쿄 캬 큐 켜

툐 탸 튜 텨

쵸 챠 츄 쳐

표 퍄 퓨 펴

효 햐 휴 혀

 

ちゃんと読めるかな?こう読むんだよ。

 

キョ キャ キュ キョ

ティョ ティャ ティュ ティョ

チョ チャ チュ チョ

ピョ ピャ ピュ ピョ

ヒョ ヒャ ヒュ ヒョ

 

ここら辺の文字はちょっと読みにくいよね。慣れればなんてことなくなるけどね。

 

それからこっちももう読めるよね。

 

키 크 케 캐

티 트 테 태

치 츠 체 채

피 프 페 패

히 흐 헤 해

 

上からこう読めばいいんだよ。

 

キ ク ケ ケ

ティ トゥ テ テ

チ チュ チェ チェ

ピ プ ペ ペ

ヒ フ ヘ ヘ

 

じゃ、今度は単語の読みにチャレンジしてみて。激音はさっきも言ったとおり、単語の頭についても、2文字以降についても濁音にはならないからね。

 

試しに激音の文字を含んだ単語の読みにチャレンジしてみようか。激音を含んだ単語は外来語が多くて、読めるとすぐ意味が分かるものがあるよ。もちろん、外来語ばかりじゃないけどね。

 

1、파티

2、튜브

3、기차

 

答えは下の通りだよ。赤文字は激音の部分だよ。

 

1、ティ(パーティー)

2、ティュブ(チューブ)

3、キチャ(汽車)

 

以上のように、語頭でも語中でも決して濁音にはならないよ。それじゃこれらを踏まえて、激音を用いたたくさんの単語を読んでみよう。

 

1、우표

2、미스터피자

3、아파트

4、치료

5、케이크

6、유튜브

7、큐티허니

8、쵸코파이

9、프리더

10、카카로트

 

どう?読めた?ちょっと変な単語も入れてしまったけど、ご容赦を。これがぼく流なので。

 

1、ウピョ(切手)

2、ミストピジャ(ミスターピザ)

3、アパトゥ(アパート)

4、リョ(治療)

5、(ケーキ)

6、ユティュブ(ユーチューブ)

7、キュティホニ(キューティーハニー)

8、チョコパイ(チョコパイ)

9、リド(フリーザ(ドラゴンボールの悪役の名前))

10、カカトゥ(カカロット(ドラゴンボールの主人公の本当の名前))

赤文字は激音の部分だよ。

 

 それじゃ最後にテストを受けてみてね。

テストを受ける

第8課に進む

トップページへ戻る

 

 

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

コメントする