第4章 第4課 少なめだけど、またがりの流音化

Posted: under 韓国語講座.

第4章は、第1課から第3課までが山場で、残りはそれほど大変ではないんだ。とはいえ、この課の流音化もK-POPの歌詞に少なめではあるけど出てくるところなので、きちんと学習していこうね。

まず、流音化って覚えているかな。簡単におさらいしようね。下の3問ちゃんと読み取れるかな。

 

1、한류(韓流)

2、실내(室内)

3、잃는(失う)

 

これらは第3章の第5課で学習したことだよ。もし分からなかったら、もう一度復習してみてね。答えは下のとおりだよ。

 

1、한류 ・・・ ハルリュ(할류)

2、실내 ・・・ シルレ(실래)

3、잃는 ・・・ イルルン(일른)

 

こういうふうに、前後のパッチムと子音がㄴ+ㄹ、ㄹ+ㄴのとき、読む際はㄹ+ㄹになることだよね。これが理解できていれば、この課はもう何も問題ないよ。

 

 

で、K-POPではどんな流音化が出てくるのかというと、下のようなやつだよ。簡単に読み取ってみて。

 

1、사실 난(事実 ぼくは)

2、늘 나에게(いつも ぼくに)

3、거리를 나서면(通りを 出ると)

 

語と語をつなぐように、流音化が表れているでしょ。読み方は流音化のままだからね。答えは下の通りだよ。

 

1、사실 난 ・・・ サシ ン(사실 란)

2、늘 나에게 ・・・ ヌ エゲ(늘 라에게)

3、거리를 나서면 ・・・ コリル ソミョン(거리를 라서면)

 

こういうような、語と語をまたぐ流音化を『またがりの流音化』と呼ぶことにするね。K-POPに限らず、会話でも多用するので、ぜひ使ってみてね。

 

ちなみに、下のように読んでも間違えではないからね。

 

1、사실 난 ・・・ サシル ナン

2、늘 나에게 ・・・ ヌル ナエゲ

3、거리를 나서면 ・・・ コリルル ナソミョン

 

こういうふうに歌ってる歌手もけっこういるんだ。なので、かならずしも『またがりの流音化』を用いるということではないので、各自アレンジして歌ってみてもいいと思う。

 

それでは最後にテストを受けてみてね。

テストを受ける

第5課に進む

 

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

コメントする