第4章 第5課 鼻濁音化で韓国人らしく、かっこよく歌おう!

Posted: under 韓国語講座.

この課ではK-POPにおける鼻濁音化について学習していこうね。

まず、鼻濁音化って覚えてるかな。ちょっとおさらいしようね。下のような単語が鼻濁音が表れるものだよ。

 

1、강아지(子犬)

2、붕어빵(たい焼き)

3、장해인(障害者)

 

どう発音するのか当ててみてね。答えは下のとおりだよ。

 

1、강아지 ・・・ カ

2、붕어빵 ・・・ プッパン

3、장해인 ・・・ チャイン

 

どう?思い出せたかな。思い出せなかったら、第3章の第6課をもう一度復習してみてね。

 

市販のテキストのルビを見ると、どうも鼻濁音化は無視されてるような感じなんだけど、とても頻繁に使われるものだからね。会話でもK-POPでもものすごい頻度で使われてるよ。

 

さて、ここから本題に入ろうかな。

 

K-POPの歌詞の中で鼻濁音化が躊躇にあらわれるフレーズと言えば、あの言葉が真っ先に浮かび上がるよね。それは、、、

 

사랑해

 

これだよ、これ。なんて読むかもう分かるよね。「サランへ」だよ。鼻濁音化した読み方は「サラゲ」だよね。これの意味的な違いはぜんぜんないからね。カラオケでは「サランヘ」とルビが振られているけど、では実際、韓流の歌手たちはどっちでより多く歌っているのか、調べてみたよ。

 

結果はこちら

 

2015年6月9日現在、このホームページにはルビ付きの歌詞が211曲あるんだけど、『사랑해』という歌詞が使われている歌は実に、50曲もあるんだ。その中で『サランヘ』と歌われている歌は、17曲だけなんだ。対して、『サラゲ』のほうは39曲もあるんだ。そして、その両方で歌われているのが、6曲もあるんだ。

 

その6曲というのは、以下の歌だよ。

 

FTIsland いいのに

FTIsland 傷心

ノミヌ Hello Hello

UN ユリ

UN 愛してるよ君がぼくのことを思わないときでも

キムジョンフン ぼくは君一人だけそばにいれば

 

なので、どっちで歌ってもぜんぜん問題はないということだよ。でもね、やっぱり鼻濁音を使って歌ったほうが、「あ、この人の韓国語は巧みでかっこいいなあ」って思えるよ。歌に限ったことでなく、会話でも同様だよ。慣れてくると、鼻濁音のほうが発音しやすいんじゃないかなあ。

 

では、『사랑해』以外にK-POPではどういうふうに鼻濁音化が表れているかというと、次のようなやつだよ。読んでみてね。

 

1、종일 웃는 그런 날에도(一日中 笑ってる そんな 日にも)

2、내 소중한 그리움들을 (私の 大事な 恋しさを)

3、사랑의 서약을 두고(愛の 誓約を 置いて)

 

ちゃんと読めるかな。答えは下のとおりだよ。

 

1、종일 웃는 그런 날에도 ・・・ チョ ルンヌン クロン ナレド

2、내 소중한 그리움들을 ・・・ ネ ソジュン クリウンドゥルル

3、사랑의 서약을 두고 ・・・ サラ ソヤグル トゥゴ

 

こんなふうに読めていれば、バッチリだよ。

 

というわけで、内容が薄すぎたけど最後にテストを受けてみてね。

テストを受ける

第6課に進む

 

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

コメントする