第1章 第1課 キーワードは“オアウオ”

Posted: under 韓国語講座.

第1課 キーワードは“オアウオ” 基本母音を丸ごと覚えられるよ

みなさん、“オアウオ”って言葉知ってる?ほとんどの方がなんだろう?って思うはず。この“オアウオ”という言葉は、韓国語のあいさつ言葉でも単語でも ないよ。ハングル文字を一気に覚えるキーワードになってるんだ。この言葉を知っているだけで、ハングル文字の基本母音10個のうち、 すでに4個、いや8個まで覚えたことになるんだよ。えええ!!って思うかもしれないけど、さっそくハングル文字を見てみようね。

 

ハングル文字って子音と母音が組み合わさってできてるものなんだ。子音というのは「K、S、T、N、H・・・」というやつのことで、母音は「A、 I、U、E、O」ってやつのことだよ。子音の「k」に母音の「a」を組み合わせると、「ka」になるでしょ。そうするとそれは「か」と読めるよね。「s」と「u」だと「す」に なるでしょ。ちょうど韓国語の単語に「カス」って読む単語があるから、それを見てみよう。

 

가수

 

これは「歌手」っていう単語だよ。じゃっかん日本語と読み方が似てるよね。この文字ではㄱ と ㅅ が子音で、ㅏ と ㅜ が母音だよ。ハングル文字は横型文字の가というタイプの文字と、ローマ字にはない縦型文字の수という二通りのタイプに分かれているんだ。ㄱがkで、ㅏがa、 ㅅ がsで、 ㅜがuってことなんだ。

 

 

では、一番初めにみなさんに覚えてほしいのは、下のよっつの文字。

 

오 아 우 어

 

まず注目してほしいのはどの文字にもというのがあるよね。これは子音がない「あいうえお」に当てはまるものなんだ。このよっつの文字はどういう順番で並んでるか分かる?左から右にかけてガビョウの針みたいなのがどういうふうに並んでる?時計みたいに回転してるのが分かるかな。左から12時、3時、6時、9時という順番になってるよね。

 

じゃ、これらはどう読むのか、勘のいい方はもう分かったよね。キーワードは何だっけ。そうそう、オアウオだよ。それを覚えていれば、もうこの4つは覚えたも同然だよ。でもさっきは8個まで覚えたも同然って書いたけど、それはどういうことって思うよね。上の4つが分かれば、あと残り4つなんて簡単、簡単。もったいぶらず残りの4つの文字も見せるね。

 

요 야 유 여

 

上の文字と比べて、どう?並び方は同じだよね。時計回りになってるでしょ。今回違うのは、ガビョウの針に一本加えて下駄を横から見たような形になってるよね。上はあ行の文字なんだけど、こっちはや行の文字なんだよ。読み方はどうなるか分かる?上が読めれば、下なんて簡単、簡単。分かったでしょ。基本母音10個のうち、すでに8個覚えたも同然と言ったのはこういうことなんだ。とは言え、書いておかないといけないよね。左からヨヤユヨだよ。

 

とはいえ、初めて韓国語の勉強を始めた方にとってはどうしてだろうって思うことあるよね。それはオとヨがふたつずつあるということ。오と어。요と여。これは韓国人にとっては、全然別の音として認識されてるんだけど、日本人にとっては同じ発音に聞こえてしまうんだ。発音の仕方なんだけど、오と요は口を丸めるような感じで「オ」「ヨ」と発音するのに対し、어と여はあごを引くような感じで「オ」「ヨ」と発音するんだよ。

 

実際比べてみると、微妙だよね。発音するのは大して難しいことじゃないんだけど、これが聞き取りということになると難しくなるよ。今の段階ではあまり気にはせず、そういうふうな違いがあるんだなあぐらいで大丈夫だよ。

 

ここまでですでに基本母音8つまで覚えてもらったんだけど、残り2つはどうなってるの?って思うでしょ。それも簡単、簡単。この文字だよ。

 

이 으

 

上の文字から棒線が抜け落ちたものなんだけど、左からイウって読むんだ。どっちがどっちってことにならないように、左の文字だけ覚えておこう。丸井って分かるかなあ。「駅のそばの丸井」ってキャッチコピーのあるデパートの看板って 이이 になってるよね。ということで、丸井の「イ」と覚えておこうね。

 

으はもうひとつの우←これ読み方覚えてる?オアウオのうちどれ?時計回りにしながら考えてみてね。針が6時のほうに向いているから「ウ」だよ。両方とも「ウ」って読むんだけど、形が類似してるから分かりやすいでしょ。これも発音の仕方があるよ。우は口を丸めて言うのに対して、으は口を平らにした状態で発音するんだ。우は上の오と요と発音の仕方は一緒だよ。

 

これで基本母音10個全部そろったんだけど、もうふたつだけ追加してもいいかなあ。「あいうえお、やゆよ」の中でまだ出てきてない文字があるでしょ。「エ」だよ。「エ」は基本母音には入らなくて、合成母音というのに含まれるんだ。合成母音というのは全部で11個あるんだけど、母音と母音を掛け合わせたものなんだよ。その中のふたつを先に紹介しておくね。

 

에 애

 

両方とも「エ」という発音だよ。これに関しては発音の仕方には差がなくて、日本語の「エ」と同じだと思って十分だよ。ここで気になるのは、どの母音と母音を掛け合わせてできたのかということだよね。

어 + 이 → 에

아 + 이 → 애

ここでも考えてみてね。何に何を足しているのか。

 

答えは上がオ+イ→エ、下がア+イ→エ。どうしてこうなるのかよく分からないでしょ。ぼくも分からない。これは覚えようね。エがふたつあるということだけで十分だよ。何に何を掛けてどんな文字ができるのかというのはぜんぜん意味のないことなので。

 

ぼくなりに分かりやすく上の文字をまとめてみたよ。今後こんなふうに、まとめていくね。

오(オ) 아(ア) 우(ウ) 어(オ) 요(ヨ) 야(ヤ) 유(ユ) 여(ヨ) 이(イ) 으(ウ) 에(エ) 애(エ)

これで終わりじゃないよ。最後はどれだけその課のことを理解できているのかテストをするよ。今回の課は非常に大切なところなので、ぜひテストを行って自分のできないところを確認してほしい。

テストを受けてみる

第2課に進む

トップページへ戻る

 

 

5件のコメント

  1. сана (サナ) Says:

    こんばんはー
    アメブロから来ました~

    Junさん、独学だったんですね!!!!!
    私も独学4年目になりました。。
    Junさんくらいになるにはまだまだ頑張らないとーーー

    いろいろ大変だと思いますが、頑張ってくださいね^^

  2. ありちゃん Says:

    初めまして。
    アメブロから来ました。
    最近 韓国語を勉強し始めました。
    キッカケはJYJのチャジャッタを歌えるようになりたくて、かなルビを、丸覚えで、覚えたことからでした。
    まずは、ハングルを読めるようになりたかったのですが、子音より母音を覚えにくいと思っていて、アヤオヨと順番に唱えなければ分からない状態でした。
    こちらでの説明は非常に分かりやすかったです。
    過去、散々挫折してきたのですが、今度こそ、頑張れそうです。(^^)
    これから、よろしくお願いします。

  3. Jun Says:

    よかったですね。時計回りの発想なら子供から大人までどなたでも簡単に呑み込めますよね。アヤオヨなんて訳が分からん。まさにそのとおりです。実際、アヤオヨで教えてる先生は90パーセント以上ですよ。でも話ができるようになってくると、アヤオヨなんて関係なくなりますからね。紙の辞書のときはアヤオヨの順番に慣れてないと単語が調べられませんでしたが、今はPCやアプリでもっと簡単に調べられるようになってます。アヤオヨの順なんて、このぼくでも面倒だと思うこと多いですよ。^^ぼくも更新がんばりますので、ありちゃんも頑張ってね。

  4. よっしい Says:

    こんにちわ。
    よっしいっていいます。
    JUNさんを知ってから もう2~3年になるものです。

    なんとか自力(独学)で韓国語を理解したいとおもい、ちょっとづつ頑張っています。
    TVの韓国語講座も見てます。テキスト本も数冊買いました。
    でも、耳で聞く韓国語と文字で見る韓国語には違和感があって・・・
    そんな時、JUNさんのブログを読まさせて頂き
    「これ!そう、そう。あっそうか~!」って納得できました。
    しかし、文字で発音を現すのって難しいですよね。
    頑張って下さい。

    独学で・・・って一進一退なんですよね、特に必要に迫られているわけでもないのでつい休みがちになるし、わかってるつもりでも、同じところで何回もひっかかるし・・・。
    まっ、気長に頑張ります。
    これからも よろしくお願いします。

    PS 오と요は口を丸めるような感じで「オ」「ヨ」と発音するのに対し、요と여はあごを引くような感じで「オ」「ヨ」と発音するんだよ。実際比べてみると、微妙だよね。・・・・の「요と여」のところは「어と여」のまちがいですかね?

  5. Jun Says:

    コメントありがとうございます。
    ははは。すみません。おっしゃるとおりです。読み返さずに勢いで書いてしまったようです。
    文字で発音をあらわすというのは、実はそこは人によって言い方が違ってくるところなので、
    一言でそれとは言えないんですよ。たとえば사랑해をサランへと発音しても、サラゲと発音しても、
    何の問題もありません。ぼくはルビを振るときは、まず歌詞どおりに書いてみてから、歌手の声と比較します。
    そうすると、よっしいさんがおっしゃる現象が頻繁に起こっています。違和感なくルビを書きあげるのは
    けっこう大変ですよ。これからも韓国語の勉強がんばってくださいね。ぼくも更新がんばります。^^



この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL



コメントする