第2章 第8課 複合パッチムはややこしいよ

Posted: under 韓国語講座.

第2章も大詰め。ここでは複合パッチムについて説明していくよ。複合パッチムというのはパッチムがふたつ並んだもののことだよ。

 

ㄵ,ㅄ,ㄺ

 

こういうやつのことね。

 

動詞、形容詞で用いられていて、名詞は数える程度しかないよ。単語の例を挙げると下のとおりだよ。どう読むのか予想してみてね。

 

1、앉다

2、없다

3、핥다

4、몫

5、않다

6、잃다

7、외곬

8、밟다

9、읽다

10、젊다

11、읊다

 

 

初めて見た人は、えーどうやって読むの?って感じだよね。下のように読むよ。

 

1、앉다 ・・・ アンタ(座る)

2、없다 ・・・ オッタ(ない、いない)

3、핥다 ・・・ ハルタ(なめる)

4、몫 ・・・ モッ(分け前、役割)

5、않다 ・・・ アンタ(~じゃない)

6、잃다 ・・・ イルタ(失う)

7、외곬 ・・・ ウェゴル(ひたむきに、一筋に)

8、밟다 ・・・ パッタ(踏む)

9、읽다 ・・・ イッタ(読む)

10、젊다 ・・・ チョンタ(若い)

11、읊다 ・・・ ウッタ(詠む、詩をつくる)

 

これらが一通りのパターンだよ。読み仮名だけじゃよく分からないと思う。結局覚えなければいけないんだけど、1番から7番までの複合母音はふたつあるパッチムのうち向かって左側を読むのに対して、8番から11番は右側を読むんだ。

 

これらをハングル文字で表記すると下のようになるよ。

 

1、앉다 ・・・ アンタ 안따(座る)

2、없다 ・・・ オッタ 업따(ない、いない)

3、핥다 ・・・ ハルタ 할따(なめる)

4、몫 ・・・ モッ 목(分け前、役割)

5、않다 ・・・ アンタ 안타(~じゃない)

6、잃다 ・・・ イルタ 일타(失う)

7、외곬 ・・・ ウェゴル 외골(ひたむきに、一筋に)

8、밟다 ・・・ パッタ 밥따(踏む)

9、읽다 ・・・ イッタ 익따(読む)

10、젊다 ・・・ チョンタ 점따(若い)

11、읊다 ・・・ ウッタ 읍따(詠む、詩をつくる)

 

5番と6番は激音化という現象が起きていて、4番7番以外はすべて濃音化という現象が起きてるんだ。詳しくは第3章で説明するね。

 

要はこの11個のパターンの単語を覚えていれば大丈夫ということだよ。でも、これだけで第2章を終えても消化不良だろうから、順序を変えて問題を出すね。

テストを受けてみる

第3章に進む

トップページに戻る

 

 

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

コメントする