ジェクスキス 予感 ルビなし

Posted: under K-POP.

韓国語原題:예감

I’m ready for your love

commen



향긋한
芳しい

모닝 커피와
モーニング コーヒーと

내 아침을
ぼくの 朝を

깨워 주는
覚まして くれる

상큼한
さわやかな

입맞춤
口付け

아직
今も

달콤한 꿈에
甘い 夢に

흠뻑 취해서
たっぷり 酔って

조금만 더
もう 少しだけ

그러겠지
そうしてるんだろう

하얀 앞치마
白い エプロン

입고
して

내 아침을
ぼくの 朝ごはんを

준비하는
準備する

너의 모습
君の 姿

나의
ぼくの

삐뚤어진
曲がった

넥타이까지도
ネクタイまでも

모두 다
みんな すべて

너의 몫일꺼야
君の 役目なんだ

나 오늘도
ぼく 今日も

행복한
幸せな

너와 나의
君と ぼくの

그 모습을
その 姿を

상상하며
想像しながら

하루를 시작해
一日を 始める

언젠가
いつか

그렇게
そんなふうに

될 거라는
なるんだという


ぼくの 

단 하나의
たった ひとつの

소망으로
願いとして

*사랑해
好きだ

지금 너의
今 君の

모습을
姿を

세월에
歳月に

변해 갈
変わって いく

니 모습도
君の 姿も

그보다
それより

더욱
一層

사랑하는 건
好きな のは

영원히
永遠に

날 지켜줄
ぼくを 守ってくれる

너의 믿음
君の 信頼

사랑해
好きだ

널 알게 한
君を 知るようになった

인연과
因縁と

두려움
不安

없이 너를
なく 君を

선택하게한
選ぶようにした

운명까지도
運命までも

내 마지막
ぼくの 最後の

바램은
願いは

다음 세상까지
次の 世界まで

함께라는 것*
一緒という こと



드라마를 봐도
ドラマを 見ても

영화를 봐도
映画を 見ても

행복한 장면은
幸せな 場面は

모두 내가
みんな ぼくが

주인공처럼
主人公みたいに

그렇게
そんなふうに

되고 싶은
なりたい

간절한
切実な

소망이면
願いは

어느새
いつの間にか

너와 나의
君と ぼくの

미래가
未来が

그림처럼
絵みたいに

그려져
描かれる

현실이 나를
現実が ぼくを

속여도
だましても

내 아침은
ぼくの 朝は

햇살처럼
日差しのように

눈부실 꺼야
まぶしいだろう

나의 아침을
ぼくの 朝を

깨울
覚ます

너를
君に

꼭 닮은
きっと 似た

우리의
ぼくたちの

작은 아이
小さな 子供

난 오늘도
ぼくは 今日も

너와의
君との

많은 날들
たくさんの 日々

너를 위해
君の ために

채워야 할
満たさなければいけない

행복을
幸せを

준비해
準備して

나만의 여인이
ぼくだけの 女に

될 거라는
なるという


ぼくの

단 하나의
たった ひとつの

예감으로
予感として

*사랑해
好きだ

지금 너의
今 君の

모습을
姿を

세월에
歳月に

변해 갈
変わって いく

니 모습도
君の 姿も

그보다
それより

더욱
一層

사랑하는 건
好きな のは

영원히
永遠に

날 지켜줄
ぼくを 守ってくれる

너의 믿음
君の 信頼

사랑해
好きだ


君を 

알게 한
知るようになった

인연과
因縁と

두려움
不安

없이 너를
なく 君を

선택하게한
選ぶようにした

운명까지도
運命までも

내 마지막
ぼくの 最後の

바램은
願いは

다음 세상까지
次の 世界まで

함께라는 것*
一緒という こと

첫눈에 반한
一目で 惚れた

그런 사랑보다는
そんな 恋よりは

하나씩
ひとつずつ

만들어가는
つくっていく

그런 사랑
そんな 恋

사랑 사랑 사랑
恋 恋 恋

아마 아주
おそらく とても

오래
長く

살아간 후에
生きていった あとに

세상 끝날
世界の 終わる

그 날
その 日

함께 할 수만
一緒に

있다면
いられるのなら

나의 욕심껏
ぼくの 欲の限り

채우지 못했던
満たせなかった

너의 모자란
君の 足りない

행복을
幸せを

후회할 것 같은데
後悔しそうだけど

그리고
そして

이 세상
この 世界の

마지막
最後の

그 순간이
その 瞬間が

오면
来たら

너를 사랑했다고
君を 愛してたと

내가
ぼくが

얘기해 줄게
話して あげるよ





ルビ付き

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

コメントする