ノヨンシン 変わったことをすべて記憶する男子 ルビ付き

Posted: under K-POP.

原題:별 걸 다 기억하는 남자(ピョル ゴル タ キオカヌン ナンジャ)

나를
ナルル
私に

처음 본 게
チョウン ポン ゲ
初めて 出会った のは

정확히
チョンファキ
確か

목요일이였는지
モギョイリヨンヌンジ
木曜日だったか

금요일이였는지
クミョイリヨンヌンジ
金曜日だったか

그 때
ク テ
あの とき

귀걸이를 했는지
クィゴリルル ヘンヌンジ
耳飾りを してたか

안 했었는지
ア ネッソンヌンジ
してなかったか

기억할 수 있을까
キオカル ス イッスルカ
記憶できるでしょうか

그런
クロン
そんな

시시콜콜한 걸
シシコルコラン コル
面白くもない ことを

다 기억할
タ キオカル
すべて 記憶する

필요가
ピリョガ
必要が

뭐가 있을까
ムォガ イッスルカ
何か あるかと

생각하겠지만
センガカゲッチマン
思うでしょうけど

내 생일이나
ネ セギリナ
私の 誕生日や

전화번호를
チョヌァボノルル
電話番号を

외우는 건
ウェウヌン ゴン
覚える ことは

너무
ノム
あまりに

당연하지 않아요
タンヨナジ アナヨ
当然じゃないですか



내가
ネガ
私が

전화 걸 때
チョヌァ コル テ
電話 かける とき

처음에
チョウメ
初めに

여보세요
ヨボセヨ
もしもしと

하는지
ハヌンジ
言うのか

죄송합니다만
チェソガンニダマン
恐れ入りますがと

그러는지
クロヌンジ
言うのか

번호
ポノ
番号の

팔자를
パルチャルル
8の字を

적을 때
チョグル テ
書く とき

왼쪽으로
ウェンチョグロ
左側から

돌리는지
トルリヌンジ
回すのか

오른쪽으로
オルンチョグロ
右側から

돌려 쓰는지
トルリョ スヌンジ
回して 書くのか

지하철 일호선과
チハチョル イロソングァ
地下鉄の 1号線と

사호선 안에서
サホソン アネソ
4号線の 中で

내 표정은
ネ ピョジョグン
私の 表情は

어떻게 달라지는지
オットケ タルラジヌンジ
どう 変わるのか

내가 미처
ネガ ミチョ
私が まだ

깨닫지 못한
ケダッチ モタン
気付いてない

내 모습까지도
ネ モスッカジド
私の 姿までも

기억하는 남자
キオッカヌン ナンジャ
記憶する 男子

같이 걷던
カッチ ゴットン
一緒に 歩いた

한강 인도교의
ハンガン インドギョエ
漢江の 橋の

철조 아치가
チョルチョ アチガ
鉄の アーチが

여섯개인지
ヨソッケインジ
6個なのか

일곱개인지
イルゴッケインジ
7個なのか

그 때
ク テ
あの とき

우리를
ウリルル
私たちを

조용히 따르던
チョヨギ タルドン
静かに ついていた

하늘의 달은
ハヌレ タルン
空の 月は

초생달인지
チョセンタリンジ
三日月なのか

보름달인지
ポルンタリンジ
満月なのか

우리 동네
ウリ トンネ
私たちの 街の

목욕탕
モギョッタン
銭湯の

정기 휴일이
チョンギ ヒュイリ
定期 休日が

혹시
ホクシ
ひょっとして

첫째 셋째 수요일에
チョッチェ セッチェ スヨイレ
第一 第三 水曜日に

쉬는지
スィヌンジ
休むのか

아니면
アニミョン
または

둘째 넷째 수요일에
トゥルチェ ネッチェ スヨイレ
第二 第四 水曜日に

쉬는지
スィヌンジ
休むのか

그걸
クゴル
それを

기억할 수 있을까
キオカル ス イッスルカ
記憶できるでしょうか

나를 둘러싼
ナルル トゥルロッサン
私を 囲んだ

수 많은
ス マヌン
数 多くの

모습과
モスックァ
姿と

내 마음 속의
ネ マウン ソゲ
私の 心の 中の

숨은 표정까지도
スムン ピョジョンカジド
隠れた 表情までも

오직
オジッ
ひたすら

나만의 것으로
ナマネ ゴスロ
自分だけの ものとして

이해해 주는
イヘヘ ジュヌン
理解して くれる

별 걸
ピョル ゴル
変わった ことを

다 기억하는
タ キオカヌン
すべて 記憶する

남자
ナンジャ
男子



내 새끼손가락엔
ネ セキソンカラゲン
私の 小指には

매니큐얼 칠했는지
メニキュオル チレンヌンジ
マニキュアを したのか

봉숭아물을
ポンスガムルル
桃水を

들였는지
トゥリョンヌンジ
染めたのか

커피는
コピヌン
コーヒーは

설탕
ソルタン
砂糖

두 스푼에
トゥ スプネ
2さじに

프림
プリン
ミルク

한 스푼인지
ハン スプニンジ
1さじなのか

설탕 하나에
ソルタン ハナエ
砂糖 ひとつに

프림 둘인지
プリン トゥリンジ
ミルク ふたつなのか

그런
クロン
そんな

사소한 것까지
サソハン ゴッカジ
細かい ことまで

다 기억을 한다면
タ キオグル ハンダミョン
すべて 記憶を するのなら

얼마나
オルマナ
どれほど

피곤할까
ピゴナルカ
疲れるかと

생각하겠지만
センガカゲッチマン
思うでしょうけど

아주 가끔씩만
アジュ カクンシンマン
ごく たまに

내게
ネゲ
私に

일깨워 준다면
イルケウォ ジュンダミョン
言い聞かせて くれるのなら

어때요
オテヨ
どうでしょう

매력 있지 않아요
メリョッ イッチ アナヨ
魅力 あるじゃないですか

어릴 적
オリル チョッ
幼い 頃

동화 보물섬
トンファ ポムルソン
童話の 宝島の

해적 선장
ヘジョッ ソンジャン
海賊 船長の

애꾸눈 잭은
エクヌン チェグン
片目の ジャックは

안대가 오른쪽인지
アンデガ オルンチョギンジ
眼帯が 右側なのか

왼쪽인지
ウェンチョギンジ
左側なのか

만화 주인공
マヌァ チュインゴン
漫画の 主人公の

영심이를
ヨンシミルル
ヨンシンの

좋아하는 남학생이
チョアハヌン ナマクセギ
好きな 男子学生は

안경을 썼는지
アンギョグル ソンヌンジ
眼鏡を かけてるのか

안 썼는지
アン ソンヌンジ
かけてないのか

고깃집에서
コギッチベソ
焼肉屋で

내가
ネガ
私が

쌈을 먹을 때
サムル モグル テ
サムを 食べる とき

쌈장을 바르고
サンジャグル パルゴ
サムジャンを ぬって

고기를 얹는지
コギルル オンヌンジ
肉を のせるのか

아니면
アニミョン
または

고기부터 얹고
コギブト オンコ
肉から のせて

쌈장을 바르는지
サンジャグル パルヌンジ
サムジャンを ぬるのか

기억할 수 있을까
キオカル ス イッスルカ
記憶できるでしょうか

나도 모르는
ナド モルヌン
私も 知らない


ナル
私に

일깨워 주 듯이
イルケウォ ジュ ドゥシ
言い聞かせて くれる ように

볼 때마다
ポル テマダ
会う たびに

새로움을 주는
セロウムル チュヌン
新しさを くれる

사람이면
サラミミョン
人なら

그 어떤
ク オットン
その どんな

능력보다
ヌンニョッポダ
能力より

소중하지요
ソジュンハジヨ
大切でしょう

별 걸
ピョル ゴル
変わった ことを

다 기억하는
タ キオカヌン
すべて 記憶する

남자
ナンジャ
男子

지난 겨울에
チナン キョウレ
去年の 冬に

내가
ネガ
私が

즐겨 끼던
チュルギョ キドン
気に入って していた

장갑이
チャンガビ
手袋が

보라색인지
ポラセギンジ
紫色なのか

분홍색인지
プノンセギンジ
ピンク色なのか

그게
クゲ
それが

벙어리 장갑인지
ポゴリ チャンガビンジ
ミトンの 手袋なのか

손가락 장갑인지
ソンカラッ チャンガビンジ
指の 手袋なのか

기억할 수 있을까
キオカル ス イッスルカ
記憶できるでしょうか

나를 처음으로
ナルル チョウムロ
私を 初めて

집까지
チッカジ
家まで

데려다 준 날
テリョダ ジュン ナル
送って くれた 日

정류장에서 들리던
チョンニュジャゲソ トゥルリドン
停留場で 聞こえていた

노래가
ノレガ
歌が

목포의 눈물인지
モッポエ ヌンムリンジ
木浦の 涙なのか

빈대떡 신사인지
ピンデット シンサインジ
ピンデット 紳士なのか

혹시
ホクシ
ひょっとして

기억할 수 있을까
キオカル ス イッスルカ
記憶できるでしょうか






ルビなし

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

コメントする